効果絶大ニキビ薬「ディフェリンゲル」!副作用出ない使い方は!?

パルクレールジェル☆お得なキャンペーン情報♪

▼▽▼キャンペーン情報はコチラ▼▽▼

あごニキビ

△▲△キャンペーン情報はコチラ△▲△

効果絶大ニキビ薬「ディフェリンゲル」!副作用出ない使い方は!?

パルクレールジェル使用前使用後

 

ポツン、ポツンとした大人ニキビから、広範囲に及ぶニキビまで、絶大な効果があると人気のお薬をあなたはご存知ですか?
その名は「ディフェリンゲル」です。

 

皮膚科でしか処方できない、ニキビ治療薬です。

 

しかしこのお薬、副作用が強いことでも有名で、治療中この副作用に悩まされている方が非常に多くいらっしゃいます。

 

副作用の症状の多くは「乾燥」です。

 

ひどい場合だと、皮むけ、あかみ、かゆみなどまで引き起こされますが、いずれの場合も、乾燥がきっかけにひどくなるようです。

 

ある皮膚科の先生は、この副作用を乗り越えると、ニキビが良くなると言っておられるのですが、できれば副作用なく、ニキビを治療したいものですよね。

 

実は、私もこの副作用に悩まされていた一人なのです。

 

副作用を乗り越える、と気軽に言われても、こちらとしては生活もありますから、人からガサガサで真っ赤な顔を見られるのは恥ずかしいです。

 

しかもこういう状態は、化粧では隠せませんからね(笑)

 

そこで、試行錯誤の結果、この副作用を最低限に抑えられる方法を見つけました。同じようなお悩みをもつ方はぜひご覧くださいませ。

 

 

ディフェリンゲルの副作用が強い理由は?副作用がでない人もいるの?

 

ディフェリンゲルの副作用を、もう一度お伝えしますね。

 

お薬の公式のサイトに紹介されている内容を転記してみます。

 

副作用の実際

主に、以下のような症状が起り、全体の80%の患者さんに認められます。

  1. 乾燥
  2. ひりひり感
  3. 落屑(らくせつ:皮膚が剥けてくること)
  4. 紅斑(赤み)
  5. かゆみ

副作用が発生するパーセントを見ると、症状の差はあれど、ほとんどの方が出てしまうようですね・・・。

 

このサイトにも、副作用が最大の問題点だとも記載がありますが、しかしこれはニキビを治すための過程であるとも書かれています。

 

皮膚科の先生が言っていた通りでしたね。

 

ディフェリンゲルは、今後、長期的にニキビが新生しないように、ニキビ跡(ずっと残るような)を作らないようにするために、毛穴のつまりを引き起こす異常角化を予防するため、角質を剥離させる力がある、とサイトには書いています。

 

ん?、なんか難しいですね。

 

要約すると、毛穴をつまらせる原因である不要な角質をたまらせないように、角質を剥がしていく(ピーリング)という力があるのがディフェリンゲル。

 

炎症を抑える、などニキビができてしまった状態だけを押さえ込むような治療をするのではなく、ニキビができている肌を毛穴のつまらない状態に強制的にもっていくという根本治療なのです。

 

これを聞くと、とても頼もしい薬ですよね。

 

しかし、毛穴を塞ぐ角質を剥がすといっても、角質は悪者ではありません。

 

肌にとって大切な役割があります。

 

角質の役割とは?

  • 外からの刺激から肌内部を守る
  • 肌内部の水分を維持せるように働く

なるほど、確かに肌をみずみずしく健康な状態に保つためには必要な役割ですよね。

 

だからディフェリンゲルは、毛穴がつまらないというメリットはありますが、デメリットとして、この2点に関しては、機能が弱まるということです。

 

これが副作用の正体です。

 

なんだかジレンマを感じちゃいます。

 

結局は、副作用なく、ニキビがキレイにしたい、というところに戻りますね。

 

 

発見!スキンケアとの組み合わせで、副作用は減らせる!

 

ディフェリンゲルは、角質をはがすことで、外からの刺激に敏感になり、肌内部の水分が維持できなくなってしまう、とお話ししましたね。

 

そこで私は、スキンケアでその欠けてしまった機能を補えばいいと思ったのです!

 

皮膚科では、ニキビの部分にはディフェリンゲルだけを塗る、と指導されました。しかし、再び公式サイトで調べてみると、ディフェリンゲルの使用方法としては、乾燥が気になる場合、低刺激性の保湿剤を、ディフェリンゲルの前に塗っていいとされています。

 

スキンケアとディフェリンゲルは併用がOKみたいですね!

 

でも、今までディフェリンゲルだけを塗っていたのに、スキンケアを併用すると、ニキビへの効果が薄まったりしないのかな・・・と不安に思いました。

 

イメージですが、もしスキンケアで肌を覆ってしまったら、ディフェリンゲルは浸透しなさそうじゃないですか?

 

あとディフェリンゲルで気になっていたことなのですが、ディフェリンゲルの使用方法は、基本は一日一回です。

 

ニキビがひどい時は早く効かせたくて、朝も夜も塗りたくなるときがありました。

 

それなら、ディフェリンゲルの作用を妨げないで保湿できるもので、ニキビにも効果的なスキンケアを使えば、よりニキビの改善が良くなるのではと思ったのです。

 

そして、いくつかニキビに効果的なスキンケアを試し、私がコレだ!と思えるものに出会えましたので、皆さんにご紹介しますね。

 

ディフェリンゲルにもできない効果が詰まった、おすすめスキンケア

 

私がコレと思えたスキンケアは、パルクレールジェルというオールインワンジェルです。

 

他にもニキビ用とされる化粧品をいくつか試したのですが、ディフェリンゲルのようにピーリング作用が入っているものがあったり、殺菌作用が強いものだったりと、ディフェリンゲルを塗っている部分がピリピリしちゃいました。

 

洗顔の時ですらヒリつくときがありました。

 

これだと余計に刺激になってしまいダメでした。

 

大人ニキビ用とされる保湿効果が高いスキンケアも試しましたよ。

 

しかし、化粧水、乳液とした後にディフェリンゲルを塗ると、なんだか滑ってしまっているようで、肌に浸透しにくい感じがしました。

 

しかしパルクレールジェルは、ヒリヒリも浸透の妨げにもならなかったのです。

 

肝心の、ディフェリンゲルによる乾燥も、併用することで落着き出しました。

 

パルクレールジェルは、ニキビケア用のスキンケアなのですが、ディフェリンゲルに配合されているようなピーリング作用はありません。

 

その替わり、ディフェリンゲルにはできない、たくさんの効果がつまっています。

 

パルクレールジェルの役割

  • 皮膚に潤いをあたえる
  • 荒れた肌を整える
  • 肌を引き締める
  • メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

ニキビに効かせながらも、保湿、毛穴、美白ケアまでができるというのです!

 

これは、女性にとってうれしいですよね♪

 

ジェルというだけあり、とてもみずみずしく、本当に水分で保湿している感じなのですが、肌にのせてもスーとなじみすぐ浸透します。

 

オールイワンジェル特有のヌルヌルした感じなどはなく、パルクレールジェルもその後塗っても浸透してくれているのがわかります。
これはあくまでも私の肌での効果ではありますが、使いだしてから肌の調子もよく、ニキビ跡にも効いている気がします。美白効果のおかげかもしれません。

 

パルクレールジェルを使うことで、私はディフェリンゲルの副作用を抑えることができました。

 

副作用なしとまではいきませんが、パルクレールを使えば、かなり抑えながら肌をケアできると思いますよ。

 

私ももっと美肌になれるように “パルクレールジェル” をリピートしたいと思います。

 

今ならちょうど永久返金保障もついているので、よかったらあなたも試してみて下さい♪

 

 

↓↓↓ニキビケア完全返金保証付パルクレールジェル↓↓↓

パルクレールジェル公式サイトへ

 

>> トップページで詳細を見る