ニキビ薬はどれが一番効く!?すぐ治したい人はこれを読んで!

パルクレールジェル☆お得なキャンペーン情報♪

▼▽▼キャンペーン情報はコチラ▼▽▼

あごニキビ

△▲△キャンペーン情報はコチラ△▲△

ニキビ薬はどれが一番効く!?すぐ治したい人はこれを読んで!

パルクレールジェル使用前使用後

 

ニキビ薬は何を選べばいいのか本当に迷いますよね。

 

皮膚科で処方されたステロイドは、本当にニキビ改善に効くのか不安になることもあると思います。

 

でも人前に出る予定が入っているなどの理由で、短期間でニキビ改善をしたい場合には、ニキビ薬を上手に使い分けるといいですよ♪

 

今回は、そのお薬の使い分けのコツを特集します!!

 

 

ニキビのお薬は本当に効くの?副作用は大丈夫?

 

今すぐニキビを治したい時は、ニキビ薬を一時的に使うと効果が期待できます。

 

人前に出る時はお顔もベストな状態でいた方が、絶対に精神的にも楽ですもんね♪

 

お薬のことをしっかり学べば、安心してニキビ治療もできますので、まずはニキビ薬について解説していきます。

 

ニキビのお薬は、購入できる場所などのカテゴリーで簡単に分類すると3つあって、

 

  1. ドラッグストアで買える市販のニキビ薬
  2. 皮膚科でお医者様の処方箋が必要なもの
  3. 漢方のお薬

 

があります。

 

ニキビ薬と言うと、患部に塗るものと内服するものがありますが、今回の特集では双方をまとめて「ニキビ薬」としています。

 

 

気軽に試してみるなら、ドラッグストアで買えるニキビ薬でも大丈夫なのですが、診察などの手間がかからないゆえ便利な反面、いくつか注意点もあるのです!

 

それは、ニキビが出る度にニキビ薬だけを使うのは避けた方がいいということです。

 

冒頭にも書きましたように、何かの発表会がもうすぐあってお顔をベストな状態にしたい方はその直前でニキビ薬を使っても構いません。

 

でも、毎日ニキビ薬を使ってしまうと長い目でスキンケアという観点から鑑みると、実は逆効果になる可能性があります。

 

 

ニキビ薬ってどうやって使ったらいいの?コツを教えて!!

 

ニキビ治療の目的でお薬を使う場合には、以下の2点に注意した方がいいでしょう。

 

  • 短期的治療が目的であること
  • 長期的には体質改善が必要だと理解すること

 

これらのことがニキビ薬を使用する上でのコツというか、注意点です。

 

なぜかというと、ニキビ薬をもっと専門的に分けるとその理由がわかります。

 

≪ニキビケアができるお薬またはお薬に近いスキンケア製品の法律上の分類≫

  • 第二類医薬品
  • 医薬部外品

 

などとなっています。

 

ニキビ薬で第二類医薬品に分類されているものは、副作用が伴うことがドラッグストアで買えるお薬の外箱に注意書きとして明記されています。

 

また、5〜6日使用して改善が見られない場合には、専門医に相談をしましょうとも記載されています。

 

つまり、ニキビ改善の効果があると同時に副産物として体に別の症状も出ることも懸念されているのです。

 

ですので、体への負担を考慮すると、ニキビ薬の長期使用は向かないんですね。

 

今、お顔などに出てしまっているニキビに対しては、すぐに治したい時にはそのようなニキビ薬で効果を得た方がいいでしょう。

 

しかしながら、これから出てくる可能性が高いニキビまで、まるで「もぐら叩き」のようにずっとニキビが出てきたら叩く(というか、お薬を塗る)では、体が疲れてしまうのは伝わりますよね。

 

どうせなら、少し時間はかかるかもしれませんが、根本的にニキビが出ないようにした方が体に負担がかからないので、短期的なお薬の使用と長期的な体質改善とを組み合わせるのがオススメなのです♪♪

 

 

トモダチ作戦・・・ニキビ撃退の鍵は複数戦線で挑め!

 

ニキビが出るとイヤな気持ちになりますが、その相手を知ってこそ撃退法も習得できるものです。

 

そこで、ニキビ改善のために必要な短期決戦の手法と長期的なニキビ撃退作戦の違いを列挙してみます。

 

≪短期決戦用ニキビ薬≫

  • ステロイド
  • 抗生物質
  • 抗炎症薬
  • 便秘改善薬

※これらのお薬は3日以内の使用に留めることをオススメします。

 

≪長期的ニキビ撃退作戦に必要なもの≫

  • 医薬部外品
  • ビタミン剤
  • 乳酸菌サプリメント
  • 整腸サプリメント(便秘解消)
  • 漢方薬

※お肌の自然なターンオーバーのサイクルは28日ですので、一か月以上の使用をオススメします。

 

ステロイドに関して言うと、個人差はありますがお肌に色素が沈着したり汗が出づらくなったりするケースもありますので、本当に「ド短期」の使用がいいと思います。

 

医薬部外品と聞くとお薬のようなイメージもありますが、実はお薬と化粧品の中間に位置するもので、

 

 

「効能があるけど、副作用はない」

 

 

というお薬と化粧品のいいとこ取りのポジションを得たもので、長期使用が可能です。

 

あなたが光り輝く美肌を手に入れるためには、このように複数のお肌を美しくするための道具たち(お薬も含む)を上手に使いこなすと、必ずやいい結果を得ることができるでしょう♪^^

 

 

↓↓↓ニキビケア完全返金保証付パルクレールジェル↓↓↓

パルクレールジェル公式サイトへ

 

>> トップページで詳細を見る