ニキビに芯が!?炎症が取れない時はどんなスキンケアをしたらいいの?

パルクレールジェル☆お得なキャンペーン情報♪

▼▽▼キャンペーン情報はコチラ▼▽▼

あごニキビ

△▲△キャンペーン情報はコチラ△▲△

ニキビに芯が!?炎症が取れない時はどんなスキンケアをしたらいいの?

パルクレールジェル使用前使用後

 

ニキビに芯ができてる!?(>△<;)

 

鏡を見て驚いた経験、多くのニキビに悩む方は一度はそんな経験をしているかもしれませんよね。

 

芯に痛みが走る時、スキンケアもどうしたらいいか悩みますよね。

 

でも大丈夫!!ニキビの炎症がひどい時でもスキンケアで少しでも症状を落ち着かせることは可能です!特にビタミンCが入った成分でお肌をケアしていきましょう♪♪

 

 

どうしてビタミンCがニキビの芯ができるほどの酷い炎症にも対応しているのか?

 

ニキビの芯ができてしまうと、痛みを感じるだけでなく炎症部分が気になって人と話すのもおっくうになりがちですよね。

 

でも、大丈夫です!!

 

こんな時でもスキンケアで炎症しているニキビ部分の対処はできるのです。

 

どのような成分が、炎症して芯ができているニキビに有効なのかと言うと、それはビタミンCです。

 

ここで、ビタミンCの美肌効果についてご紹介します。

 

《ビタミンCに期待される効果》

  • 抗酸化作用(老化防止)
  • 抗炎症作用
  • メラニン色素の生成を抑制
  • コラーゲンを作るのを助ける
  • 皮脂分泌を抑えてくれる

 

ニキビの芯ができている状態は、赤ニキビの炎症がかなり進んでいる状態ですが、ビタミンCの効能はそのようなニキビにも対応しているのがわかります。

 

でも、ビタミンC単体をお肌の上に乗せるだけだと、実はお肌の奥まではなかなか浸透しません。

 

そこで、ビタミンCをお肌に浸透しやすくする形にしたのがビタミンC誘導体というもので、別の物質をお肌に繋がるバトンのように結合させたものなのです。

 

ちなみにですが、ニキビの芯が気になって、毛抜きなどで患部を触りたくなる気持ちもよぉくわかりますが・・・

 

間違って炎症部分を潰してしまうのは、避けた方がベターです。

 

今すぐにでもニキビを小さくしたい気持ちはひしひしと伝わってきますが、炎症部分を無理に触ってしまうことで、皮膚のもっとダメージを与えてしまってはよくないからです。

 

もっと言うと、クレーター肌になってしまう恐れもありますから、気をつけてください!!

 

それゆえ、まずはスキンケアとして、ビタミンC誘導体をたっぷり含んだ化粧水やオールインワンジェルで、患部を直接触らないようにコットンパックをするといいでしょう。

 

 

ビタミンCは外側と内側から同時アプローチでニキビの芯を撃退!

 

1回ニキビが出るくらいでは、たまたまその時の体調などが影響して皮膚にデトックスの役割でニキビになるケースが多いです。

 

その場合は、特にケアをしなくても自然と治ってしまうこともあります。

 

でも、ニキビの炎症が長引いたり、ニキビに芯ができてしまうものが続く場合には、お肌へのビタミンC誘導体でのアプローチの他に、インナーケアにもビタミンCを取り入れることをオススメします。

 

《ビタミンCが多い食べ物》

  • レモン
  • バナナ
  • みかん
  • いちご
  • かいわれ
  • パセリ
  • ケール

 

ビタミンCは熱に弱いので、なるべく非加熱の方がいいのですが、さつまいもは加熱してもでんぷん質がビタミンCを保護してくれているので、調理しても大丈夫です。

 

また冬場はフルーツやケールを使った青汁は、体を冷やすから苦手という方には冬が旬のブロッコリーをさっとゆでて食べることでもビタミンCをたっぷりと摂取することができます。

 

そして、ニキビに芯ができてお肌の調子が悪い時は、食べるのを控えた方がいいものもあります。

 

《ニキビの悪化を防ぐために食べない方がいい食品》

  • ハンバーガーやポテトなどのファーストフード
  • スナック菓子類
  • 調理パン・菓子パン
  • カップ麺
  • コンビニのお弁当類

 

上記の食品に共通するのは、保存をよくするために加熱殺菌がしっかりと施されていることです。

 

これだと天然のビタミンCがかなり減っている状態ですので、ニキビが気になる間は一時的にでも控えた方がいいかもしれません。

 

しかし、時々どうしても食べたくなった時には無理をせず、少し食べてその後に天然のビタミンがたっぷり入った食事でカバーすることも、ストレスをためないためにも必要かもしれませんよね。

 

 

ニキビの芯が取れない時は体を一度リラックスさせる必要もある

 

鏡に映る自分のお肌に、しつこいニキビがあるとどうしても憂鬱な気分になってしまいますよね。

 

「人と会いたくないなぁ」とか「相手からどう思われるんだろう」と、モヤモヤして気持ちが晴れないこともあるかもしれません。

 

でもそんな時は、呼吸が浅くなってストレスを感じて、血液がドロドロしてしまう傾向にあります。

 

血液がドロドロの状態だと体が酸化して、また次のニキビの発生源となってしまう悪循環の可能性があるのです。

 

だからこそ、落ち込む思考回路を一旦停止させて、体を思いっきり緩めてみる必要があるのです。

 

体がリラックスできると、人間の脳波はα(アルファ)波が出てβ(ベータ)エンドルフィンというホルモンが分泌される構造になっています。

 

βエンドルフィンによって、今度はストレスを軽減してくれたり体の免疫力をアップすることが期待できるのです。

 

つまり、ニキビをずっと心配して緊張状態だと脳波はβ波という緊張の状態が続いてしまい、体の免疫力という視点からすると実はいい影響を与えません。

 

ですので、お気に入りの香りを嗅いで深呼吸したり、スキンケアで自分にご褒美をあげてリラックスすることによって、巡り巡ってニキビが改善していくことに繋がることもあるのです!

 

 

↓↓↓ニキビケア完全返金保証付パルクレールジェル↓↓↓

パルクレールジェル公式サイトへ

 

>> トップページで詳細を見る