ニキビが悪化?ディフェリンゲルの効果がある人と治らない人がいる?

パルクレールジェル☆お得なキャンペーン情報♪

▼▽▼キャンペーン情報はコチラ▼▽▼

あごニキビ

△▲△キャンペーン情報はコチラ△▲△

ニキビが悪化?ディフェリンゲルの効果がある人と治らない人がいる?

パルクレールジェル使用前使用後

 

皮膚科で処方されるニキビ薬で、とても有名なのが「ディフェリンゲル」です。

 

2008年に日本で認可されてから、ニキビへの効果の高さから一気に広まったお薬です。

 

そんな有能なお薬であるディフェリンゲルですが、ニキビケアに効果があったという嬉しい声がある一方、ニキビが治らないという声もあるようです。

 

ブログなどネットの書き込みでも、使ったらニキビが悪化したなんて、悲しい口コミをされているのも見かけます。

 

なぜディフェリンゲルで、治る人と、治らない人がいるのでしょうか。

 

その原因は、ディフェリンゲルの副作用とニキビの種類にありました。

 

大人ニキビに悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

ニキビ薬「ディフェリンゲル」で治らない理由は”副作用”?

 

ディフェリンゲルの副作用という表現は、ディフェリンゲルがニキビを治そうとするメカニズムを理解すると、”変な副作用” ではないのです。

 

まずは簡単に、ニキビができている肌とはどうなっているかをご説明しましょう。

 

それは、毛穴に皮脂がつまり、アクネ菌が繁殖している状態です。

 

 

では、毛穴がつまる原因はなんでしょうか?

 

 

様々な原因がありますが、多くは余分な角質がたまることで起こります。

 

ディフェリンゲルは、この毛穴のつまりを解消することに注力したお薬です。

 

強力なピーリング作用で、毛穴をつまらせる余分な角質をとるという働きがあります。

 

実は、ここで知っておくことがあります。

 

それこそ「副作用」です!

 

先程「余分な角質をとる」とお伝えいたしましたが、ディフェリンゲルは余分な角質だけ取るという都合のいいことはしてくれません。

 

あくまでも強制的に角質を剥がす、というピーリング効果なので、余分ではない必要な角質も剥がすことがあります。

 

必要な角質まで剥がされた肌は、とても敏感になってしまいます。

 

一例ですが、こういった副作用があります。

  • 乾燥
  • 赤み
  • ヒリヒリ
  • 皮むけ

こうしたことから、ニキビの炎症がより強く感じる方がいらっしゃいます。

 

また副作用ではなく、お肌がキレイに戻ろうとする好転反応を「悪化」と捉える方もいるようです。

 

例えば、ぱっと見てニキビが数個程度しかない肌があるとします。

 

しかし、見えていなくても毛穴のなかでは皮脂がつまっている可能性があります。
※炎症のない白ニキビなどもこれに当てはまりますね!

 

この状態で、ディフェリンゲルで角質を剥がしていくと、詰まっていたものが外に出ようとしてニキビとなって現れることがあります。
これはニキビが治るための過程として、ディフェリンゲル使用時の注意点として皮膚科の先生もお話されていることがほとんどだそうです。

 

まとめますと、ディフェリンゲルを使ってニキビが治らない、悪化している、という声の裏側には、こういった副作用と好転反応が原因とひとつとして考えられるのです。

 

 

ニキビ薬「ディフェリンゲル」で治らない理由は”種類”?

 

ではでは、ディフェリンゲルでニキビが治らないという声の、もうひとつの原因にせまってみましょう。

 

それはニキビの種類です。

 

ニキビにはいくつか種類があるのをご存知でしょうか?

 

白ニキビ

  • ニキビの赤ちゃん。毛穴がつまり皮脂がつまりだした状態。
  • 炎症がまだないため、目立ちにくい。

 

黒ニキビ

  • 白ニキビの状態が続き、詰まった皮脂が紫外線などで酸化。
  • 黒くなった状態。
  • 膨らみはあまりありません。

 

赤ニキビ

  • 毛穴に皮脂がつまりアクネ菌が繁殖し炎症をおこしている状態。
  • 膨らみがあり、触ると痛い場合があります。

 

?ニキビ

  • 赤ニキビがひどくなり、化膿しだした状態。
  • 目で見て膿がたまっていることが分かるので、とても目立ちます。

 

わかりやすく、色の名前がついてニキビで分類されているんですよ。

 

ではディフェリンゲルの効果をもう一度おさらいしましょう。

 

 

ディフェリンゲルに期待できる効果とは?

 

毛穴のつまりを解消することに注力したお薬

 

毛穴がつまることでニキビになるのですから、基本的にはすべてのニキビに効果があります!

 

しかし、赤ニキビ、黄ニキビになると、炎症や膿があります。

 

これは、ディフェリンゲルの強力なピーリング作用だけでは追いつきません。

 

いわば、肌の上で火事が起きている状態ですよ!

 

まずは火=炎症&膿を、消さなければなりませんよね。

 

これをせずにディフェリンゲルだけに頼ることで、赤みが引かない=治らない、と解釈する人がいるのです。

 

もちろんこのことを理解されて、はじめからディフェリンゲルと一緒に、抗菌剤を処方する皮膚科の先生も多くいらっしゃいますし、先生の治療方針によっては、必ずしも抗菌剤が必要なわけではありません。

 

お薬の使い方は先生の指導に従ってくださいね。

 

ここまで読んでいただいて、いかがでしょうか?

 

ディフェリンゲルについて誤解されていた方も多いのではないでしょうか。

 

ディフェリンゲルはとても効果的なお薬です。

 

もちろん効果には個人差はあると思います。

 

しかしお薬ですから作用はとても強く、副作用がありますし、角質を剥がす効果があっても炎症を取るという目的のものではありません。

 

自分の今の肌はどういったケアが必要かを見極めてお薬を使い分けるのも難しいですし、そもそもお薬はずーと使い続ける、というものではありません。

 

ですから、ディフェリンゲルを使いながらも、ニキビができない肌のトレーニングをしていかないといけませんよね。

 

そこで、ディフェリンゲルと併せて使うこともできる、化粧品でのケアをご紹介しますね。

 

 

目指せニキビレスな肌!毎日のスキンケアで肌トレーニング!

 

皆さんも、毎日化粧品をつかってスキンケアをしていると思いますが、どんなケアをされていますか?

 

保湿ケア?

ニキビケア?

美白ケア?

エイジングケア?

 

色々な種類の化粧品がありますよね。

 

私がご紹介したいのは、そのどれも含んだオールインワンゲル「パルクレールジェル」です。

 

パルクレールジェルは、ニキビ肌に悩む方のために開発されたスキンケアです。

 

ディフェリンゲルまではもちろんいきませんが、毛穴のつまりの原因である余分な角質がたまらないように働きかける事があります。

 

しかし「剥がす」といった作用ではなく、あくまでも自分自身の肌が余分な角質をたまらせないように排出できる新陳代謝を促進するというものです。

 

肌の新陳代謝が高まれば、余分な角質は洗顔時に剥がれて落ちていきます。

 

そうするとニキビはもちろん、くすみ、シミ、しわの予防にもつながります。

 

そしてこのパルクレールジェルは、アラントインという成分が配合され、抗刺激作用で荒れた状態を落ち着かせるという効果が期待されます。

 

つまりは赤みなど炎症があるような肌にも期待ができるということです。

 

赤ニキビに悩んでいる方などは、ディフェリンゲルと併用するのはとても合っている効果ですよね。

 

さらにプラセンタも配合しており、しっかりと保湿をし、またハリまで出してくれるという美容効果の高さもあります。

 

毎日の洗顔後にパルクレールジェルを塗るだけで、ニキビになりにくい肌を目指せるのです。

 

お薬はいつか卒業するものです。

 

その卒業を早めるためにも、肌自体を鍛えてあげることはとても大切だと思うのです。

 

ニキビを繰り返されている方は、ぜひおすすめですよ!

 

 

↓↓↓ニキビケア完全返金保証付パルクレールジェル↓↓↓

パルクレールジェル公式サイトへ

 

>> トップページで詳細を見る