ディフェリンゲルで毛穴が開くのはなぜ?本当の理由は?

パルクレールジェル☆お得なキャンペーン情報♪

▼▽▼キャンペーン情報はコチラ▼▽▼

あごニキビ

△▲△キャンペーン情報はコチラ△▲△

ディフェリンゲルで毛穴が開くのはなぜ?本当の理由は?

パルクレールジェル使用前使用後

 

ディフェリンゲルで毛穴が開く本当の理由は、乾燥です。

 

ここでは、なぜそのようなことが起きてしまうのかを知るために、ディフェリンゲルがどのようにニキビに働きかけるのか、正しい知識を学んでみましょう♪

 

それと一緒に、ニキビが出ている時のお肌はどのような状態になっているのかも知っておくと、ニキビケアが上手にできるようになりますよ^^

 

ニキビの状態を一言で言い表しますと、毛穴が詰まっている状態ですね。

 

毛穴は試験管のように、細長い穴になっています。

 

ニキビ関連の商品のCMなどで肌の断面図を見たことある方も多いと思いますが、ニキビのない肌は、下から皮脂が出てきてもしっかりと外に排出されます。

 

しかし、皮脂が過剰になったり、不要な角質などが出口付近に溜まることで、試験管に蓋がされたような状態になり、皮脂が閉じ込められ、そこにアクネ菌が発生し炎症を起こしニキビとなります。

 

 

ディフェリンゲルはどう働くの?

 

上で説明した試験管の蓋を取るべく、不要な角質を剥がすように働きかけます。要はピーリングのようなものですね。

 

そうするとことで、蓋が徐々に薄くなり、閉じ込められた皮脂が排出され、治る、といった仕組みです。

 

ちなみにディフェリンゲルのピーリング作用は、お薬ですので、市販にあるピーリング化粧品と比べるとかなり強いです!

 

ニキビ以外の美容目的で使うと、過度なピーリングで肌にダメージが加わり、乾燥や赤みなどがでる可能性が高いのでご注意くださいませ。

 

 

なぜ毛穴が開くの?

 

直接的に毛穴を開かせる作用はディフェリンゲルにありません。

 

毛穴が開くのは、ディフェリンゲルの作用であるピーリング効果の副作用としておこる”乾燥“による影響が大きいと思います。
例えばですが、赤ちゃんの肌を思い浮かべてください。

 

赤ちゃんにも毛穴はあります。

 

しかも、あんな小さな顔なのに大人と同じ数の毛穴があるんですよ。

 

でも至近距離で見ても毛穴のないツルツルお肌ですよね。

 

これは赤ちゃんの肌の細胞がみずみずしく、ふっくらとしているからなのです。

 

要は、乾燥したり、細胞がしぼんでいたりすると毛穴が開いたように目立つのですね。

 

年齢を重ねると毛穴が目立つ理由もここにあります。

 

 

ニキビの部分は毛穴に蓋がされているのでピーリングが必要だといえ、他の健康な肌を過度にピーリングしては、肌をわざと擦りむかせているようなもので、敏感になりガサガサと乾燥して細胞も元気をなくした状態になります。

 

これが、ディフェリンが毛穴を開くと言われている正体だと思います。

 

 

毛穴を開かせたくないなら、ディフェリンゲルは使ってはダメ?

 

いいえ、そのようなことはありません。

 

私は、ディフェリンゲルを使ってから、少しニキビが良くなったからです。

 

まだまだ完治とまではいきませんが、改善の兆しが見えているのはとても嬉しいです。

 

ですが私も、ディフェリンゲルを使ってから乾燥に悩まされていました。

 

皮膚科で言われたとおり、ニキビの部分はディフェリンゲルだけを使っていたのですが、ニキビが治るなら、と思い、今はこの乾燥に目を背けていました。

 

でもこれが毛穴を開かせてしまうなら、使い方を改めないといけません。

 

改めて皮膚科の先生にこの乾燥のことを相談すると、「それなら、油分の少なめの保湿をしてから、ディフェリンゲルを使って下さい」とのことでした。

 

 

「なんだ、併用していいんだ・・・と拍子抜けでした。(笑)」

 

 

私のような思い込みで、乾燥を我慢して保湿を制限していた方もいるのではないでしょうか。

 

でも問題は何と併用するかですよね。

 

油分は少ないとは、あまりにも皮膚科の先生らしい提案ですが、

 

「じゃ、何を使えばいいの?」

 

って思いますよね。できれば美容効果が高いものを使いたいし、私のゴールであるニキビも毛穴もにないつるつるスベスベ肌に近づけるものを使いたい。

 

そこで色々と調べたところ、良さそうなスキンケアジェルがあったので試してみることにしました。

 

 

「ディフェリンゲル?オールインワンジェル」の正しい使い方でニキビと乾燥を撃退!

 

私が見つけた、ディフェリンゲルとの併用におすすめのスキンケアジェルとは「パルクレールジェル」というものです。

 

医薬部外品のジェルなのですが、あなたはご存知でしたか?

 

先生がおっしゃっていた油分が少ないというのは、毛穴を塞がないように&悪化させないようにするためです。

 

しかしあまりにもさっぱりすると結局乾燥しますし、しっとりしすぎると後から使うディフェリンゲルの効きが弱まるような気もしてしまいます。

 

ですがこのパルクレールジェルは、そもそもニキビをケアするためのオールインワンジェルで、ニキビを改善へと導きながら、保湿もかなえられるというもの。

 

ニキビを防ぎ、荒れ肌を落ち着かせ整えるという医薬部外品で効果効能が認められています。

 

ディフェリンゲルで荒れて乾燥した肌にはもってこいの効果ですよね。

 

ヒアルロン酸や、保水力を高めるトレハロースなども配合しており、水分に着目している点も、ニキビを治したい肌にはピッタリです。

 

ちゃんと、皮膚科の先生の注意点もクリアですね!

 

実際には私は、顔全体にこちらを使い、ニキビの部分にはディフェリンゲルを重ねる、という使い方をしました。

 

これが私の肌には相性が良かったです!

 

今までディフェリンゲルを塗ってガサガサと乾燥していた部分が落着いてきたのです。

 

もちろん肝心のニキビへの効果はそのままで効いている実感があります。

 

皮がむけていて目立ってしまっていた部分も、おかげさまでメイクをしても浮かなくなりました♪♪

 

後は、ディフェリンゲルは使うまではないが、ニキビができそうと思っていた額の部分にパルクレールジェルを塗って一晩寝たところ、翌朝ニキビができずに肌が落着いたのです。

 

これには感謝でした。

 

パルクレールジェルを使えば、ニキビ予防ができると個人的に思っていて、とても心強いです。

 

ディフェリンゲルはとても効果があるものです。

 

ニキビに悩む方には頼りになるもので、毛穴が開くなんていう噂に惑わされずに使うべきだと思います。

 

しかしながら、乾燥という副作用は、毛穴の開きという別の肌悩みを引き起こすことが分かりましたよね。

 

だから、ニキビの治りをサポートしながら、乾燥もケアできる化粧品を併用することが大切なんだと思います。

 

皮膚科の先生から指示される、要領や使用頻度を守りながら、効果的なスキンケアとの併用で、正しくニキビケアをして、皆さんも私も、ニキビも毛穴もない、つるつるスベスベ肌を目指したいですね!

 

パルクレールジェル、おすすめですよ!

 

 

↓↓↓ニキビケア完全返金保証付パルクレールジェル↓↓↓

パルクレールジェル公式サイトへ

 

>> トップページで詳細を見る